投稿者:わん子

数年前から挑戦してるけど、禁煙が続いた事が無い。
失敗の度に本数も増え。。。
今回で終われると良いな。

禁煙の あいうえお 投稿者:はっしー

京都府立医科大学の故 繁田正子先生のお言葉に、私が簡単な説明を追加しています。

「あ」かるくやめよう
タバコをやめるのは苦行だとか、タバコを失うと寂しいとかを考えないようにしましょう。禁煙は楽になる手段です。前向きに考えましょう。

「い」っきにやめよう
本数を減らしていく禁煙は余計な辛さを引きずるだけです。一気にスッパリとやめたほうが苦しくありませんよ。

「う」ごいてやめよう
身体を動かしていると、タバコの誘惑をはねのけやすくなります。少しでも手持ち無沙汰な時間を減らしましょう。

「え」んをむすんでやめよう
自分ひとりの禁煙はなかなかに苦しく成功率も低いです。禁煙する仲間、応援してくれる仲間を作って情報交換しあうのがコツです。

「お」きあがりこぼしでやめよう
禁煙はスポーツと似ています。最初はうまくいかなくても、練習を重ねれば上手になっていきます。何度も挑戦することが大切なのです。

カズさん 投稿者:はっしー

初めまして。
ようこそ禁煙掲示板にお越し下さいました。
何度も禁煙に失敗する方、本当に多いし、むしろ失敗しない禁煙なんてものすごく珍しいとさえ言えると思います。
ただ、この禁煙掲示板2はあまり人の出入りがない掲示板なんですよね。
どうか、このページの右上にある「Home」からトップページに戻って、「禁煙掲示板」にお越し下さい。
そこはまさに今禁煙している仲間がたくさんいます。
同じような悩みを抱えている方がいらっしゃるかもしれません。
そんな方々と「縁」を結んで、禁煙に再チャレンジしてみて下さい。

重度のニコチン依存性 投稿者:カズ

初めまして。

禁煙したいけど、中々出来ません。
寝てる間しかもたなくて、朝には我慢出来なくて、吸ってしまいます。
アイコスに変えてから、余計に増えたと思ってます。
二箱は吸ってしまいます。吸ってから数分でまた吸ってしまいます。
何か良い方法はありますでしょうか?
よろしくお願いします。

持病もあり辞めなきゃいけないのですが、、、

禁煙の目的と手段をはき違えない 投稿者:はっしー

ネット上にはたくさんの禁煙情報があふれています。
その中にはとても有益なものもある反面、残念ながらさほど役に立たないものもあります。
中でも罪深いのは『禁煙の方法、かくあるべし』と、いわゆる禁煙方法のブランドにこだわる意見があることです。
特に多いのは「禁煙補助剤(ガムやパッチなど)を使った禁煙は、本当の禁煙ではない」と断ずる意見です。
「禁煙しているのにニコチンを体に入れるのは何事か!?」ということらしいですが、こんな意見はタバコがニコチン依存を形成するメカニズムを全く理解していない方の戯言ですので、頭から無視していただいてけっこうです。

あなたにはあなたの禁煙があります。
例えば「禁煙して1ヵ月経ったら、苦しくなって別の方法を試してみた。」でも、もちろんいいのです。
禁煙の経過は個人差があります。
その時々で、あなたに合う禁煙を試していけば良いのです。
タバコを吸わない状態を続けられることが重要です。

禁煙にブランドなどありません!!
タバコがやめられればそれでいいのですね。
禁煙は「タバコの要らない人になる」ための、最も有効でかつ唯一の手段なのです。
薄汚い手段で人間をニコチン中毒にさせるようなタバコに、手段など選ぶ必要は1ミクロンもありません!
あなたの目的は「タバコの要らない人になる」ことであり、「他人から称賛される禁煙プロセスを実行すること」ではありません!
目的と手段を間違ってはいけません。

タバコは必ずやめられます。
あなたの禁煙を応援していますよ。

同じニコチンなのに 投稿者:はっしー

禁煙補助剤というものがあります。
種類としてパッチやガムなどがあるのですが、特に非ニコチン原理主義者には「タバコも禁煙補助剤も同じくニコチンを体内に入れるものであるから、それ自体が悪である。」という論理を展開する方がいます。
なぜこういう勘違い、無理解が起きるのか。
それはニコチン依存症(中毒)の成り立ちについて、根本的に無知だからに他なりません。

タバコと禁煙補助剤、たしかにどちらもニコチンを体内に入れるものです。
ですが、そもそもの目的が異なります。
タバコはニコチン中毒を加速・維持するものであり、禁煙補助剤はそこから離脱するためのものです。
具体的に説明しましょう。
タバコを吸引すると、ものの7~8秒で大量のニコチンが脳に到達します。
そのニコチンを処理するために、増加したアセチルコリン受容体が一気に活動します。
血中ニコチンが半減するとまたその気持ち良さ(※)を維持したいがために、また喫煙を要求するというサイクルですね。
一方禁煙補助剤はどうでしょうか。
パッチやガムからは、非常にゆっくりとしかニコチンが供給されません。
しかもタバコから比べると、かなり少量なのです。
ニコチンを爆発的に供給することこそが、ニコチン依存症を形作るに必要なことなんですね。

数値はいい加減ですが、例えれば、100ある受容体の100すべてを十分に満足、もしくは受容体を増加させるようにするのがタバコです。
一方、禁煙補助剤は、100ある受容体の内、50くらいしか満足させることができません。
それでも今までの喫煙欲求を緩和することはできます。
禁煙補助剤はいきなりニコチンを絶つのではなく、ゆっくりと緩和しながら絶つ、いわばソフトランディングをさせるアイテムなんです。
禁煙補助剤はニコチン依存症を離脱するための妙薬として利用しているのです。
逆に禁煙を前にして、タバコの本数を減らすことがいかに無意味かをご理解いただけたでしょうか。

禁煙補助剤は、最初はたっぷりと、そして徐々に減らしていく。
苦しくなったらちゃんと使う。
そのあたりを処方して頂いた先生と十分に相談なさって下さい。
非ニコチン原理主義者の戯言は無視して、禁煙補助剤の使い方(プログラム)に沿って禁煙を実施して下さいね。
タバコは必ずやめられます。
あなたの禁煙を応援していますよ。

(※)脳からすれば、いわばアクセルを一時的に全開にしたような解放感・気持ち良さが得られるのです

なぜタバコはやめられなくなるのか(その2) 投稿者:はっしー

血液中に吸収されたニコチンはそれ自体が毒であるため、他の臓器はフル回転してこの毒物を排除しにかかります。
個人差もありますが、おおむね50分前後で血中のニコチン濃度は約半分になってしまいます。
こうなると困るのは脳の方です。
脳は増産されたアセチルコリン受容体を満足させる量の情報伝達物質が確保できなくなるため、次の補給を要求します。
つまりタバコが吸いたくなるというワケですね。
喫煙者はこのマッチポンプとも呼べる行為を繰り返しています。

さて、禁煙するとどうなるでしょうか。
タバコによるニコチンの補給を絶たれた脳は、おおむね1時間後あたりから補給を要求します。
これをガマンしていると、3~5日ほどで血中ニコチン濃度はゼロになってしまいます。
未だ増量したアセチルコリン受容体はそのままなので、強い喫煙欲求が襲うことになります。
喫煙後、3~5日あたりがいちばんキツかったと述懐する禁煙成功者が多いのは、このためなのです。
この期間を過ぎてずっとタバコを絶ち続けると、この増量したアセチルコリン受容体は消滅してしまう、とお思いの方もいるのですが、残念ながらそんなことはありません。
喫煙経験者の増量したアセチルコリン受容体は、生涯なくなることはありません。ただ、休眠状態に入るだけなのです。
再び喫煙によって大量のニコチンが摂取されると、すぐさま目を覚まし、ものの1日で元の喫煙量を要求するようになります。
何年禁煙していようが、作り変えられた脳はもう元に戻ることはありません。
禁煙したらもう二度と喫煙者には戻らない。
その強い決意が必要となるのです。

なぜタバコはやめられなくなるのか(その1) 投稿者:はっしー

タバコを吸い続けると、やめられなくなる。
風邪をひいて喉が痛いときでも、吸い続けてしまう。
なぜなんでしょうか。
このメカニズムを分かりやすく説明してみましょう。

私たちの脳はたくさんの神経細胞が絡み合って活動しています。
この神経細胞たちは互いに刺激を伝え合って活動していますが、それぞれが密着しているわけではなく、細胞間にわずかながら隙間があるのですね。
こういう構造をシナプスと呼んだりします。
神経細胞たちはこの隙間に特定の物質(神経伝達物質)を飛ばしながら、その刺激で情報を伝え合っています。
この物質の受け手側を特に受容体(レセプター)と呼んでいます。
ニコチン依存症に関係する神経伝達物質は「アセチルコリン」という物質です。

タバコの煙を吸うと、肺から血液中にニコチンが吸収されます。
血液中に溶け込んだニコチンは、およそ7秒ほどで脳に到達すると言われています。
実はこのニコチンはアセチルコリンと分子構造がよく似ていて、神経細胞にあるアセチルコリン受容体はこれを受け入れてしまうのです。
タバコを吸うと一時的に頭が冴えるような感覚になるのは、アセチルコリン受容体が大量に流れ込んだニコチンに対して反応し、脳活動が活発になるからなのですね。

本来のアセチルコリンは人間の体内で生産されるので、その量もある枠内で決まっています。
ところがタバコによって外部からもたらされたニセのアセチルコリン(つまりニコチン)は、その量の枠を簡単に超越してしまうので、脳はこれを処理するためにアセチルコリン受容体を増産して対応しようとします。
かくして大量の神経伝達物質は、脳の自己変革によって対処されるようになります。

人のHNをかたる卑怯者 投稿者:ほくと(たけから変更) 

りーさん元気ですが。別ハンで攻撃してくる卑怯者に負けてはいけません。

此方のHNを語ってリーさんを罵倒した卑怯者は”匿名”のHNでリーさんに嫌がらせをし続けている者です。こんな者に負けてはいけません。

りーさんへ 投稿者:たけ

禁煙24日大成功、このまま頑張りましょう。リーさんがタバコを吸っていないのは書いている文章から分かります。

もし禁煙補助剤のパッチを使っているなら、徐々に少なくして行く時期でしょうか。スッパリ止めることが出来ればそれに超したことは有りませんが、無理なら徐々に減らしていく時期に来ているのではと思います。薬剤師に相談しながら減らして行くのも1方法かとおもいます。

禁煙成功させて、多数をかさに着て無法な攻撃をしてきた連中を見返してやりましょう。
連中は無視、絶対無視、完全無視ですよ。